Top デジカメを始める方へ デジカメの使い方 基本的な写真の話 撮影テクニック PCの操作 デジカメ用語集 フィルム 使用感
スポンサードリンク

背景をぼかしたポートレートが撮れるカメラが欲しい

難しいことはとりあえず置いておいて、とにかく背景をぼかしたポートレートが撮れるカメラがほしいと言う場合は、この2点にだけ注目してカメラを選んでください

マイクロフォーサーズ以上のセンサーサイズのカメラ(マイクロフォーサーズ・APS-C・フルサイズ)

レンズは、実焦点距離で50mm以上(単焦点であれば35mm以上)、F値は2.8より小さいものを選びます。また35mm換算焦点距離で50mm〜200mmあたりの画角が扱いやすい

背景をぼかして撮るには

撮り方のコツとしては

F値(絞り)はできるだけ小さい数字にする(絞りをあける)とぼけが大きくなります。

撮りたい人と背景の距離をあける、撮りたい人のすぐ後ろが背景だと、ほとんどぼかせません。例えば、木に寄りかかってる人を撮って寄りかかってる木をぼかすことは、背景となる木と人との距離が近すぎてできないのです

撮りたい人と撮影者の距離が離れていると、あまりボケなくなりますので、近づいて撮影することも大切です。もし背景がわからなくなるぐらい大きくぼかしたいなら、胸より上が写るぐらいの距離が確実です

まとめると

  • マイクロフォーサーズ以上のセンサーサイズカメラを使用する
  • 実焦点距離で50mm以上の焦点距離をカバーしたレンズを使用する(例外として、単焦点レンズであれば35mm以上)
  • レンズのF値は2.8以下のレンズを使用する
  • 撮影時のF値はできるだけ小さく
  • 背景と撮りたい人の距離は十分に離す
  • 最初は胸より上が写るぐらいの距離まで寄って撮る

これで背景を大きくぼかしたポートレートを撮ることができます。

ただ、そればかりだと面白みも減ってくると思いますので、慣れてきたら全身が入る距離で撮影したり、背景の形がわかるぐらいのぼけに押さえるなど、ぜひいろいろな撮影を試してみてください。

背景ぼけについて詳しいことはこちらの方を参考にしてください

スポンサードリンク

おすすめ記事

カメラの話(デジカメ編 銀塩編)   デジカメ部屋へ戻る