Top デジカメを始める方へ デジカメの使い方 基本的な写真の話 撮影テクニック PCの操作 デジカメ用語集 フィルム 使用感
スポンサードリンク

画角と焦点距離

焦点距離は、光学的なレンズの中心(レンズの力点とも言うらしい)から焦点までの距離と言う意味なのですが、カメラの話で焦点距離というと 「画角」のことをさしてる場合が多いのです。

この焦点距離が長いと望遠レンズ(遠くのものを大きく写せる)となり、短いと広角レンズ(広く写せる)となるため、一般的には、レンズが広角・望遠と言った、画角のバロメーター的に使います。ただし、焦点距離と広角・望遠(画角)のバロメーターは35mmフィルムを使った場合が前提になります。そのため、35mmフィルムカメラ以外のカメラ、たとえばコンパクトデジカメなどは35mmに換算した焦点距離をバロメーターとしてあつかいます。

レンズの焦点距離 21mm以下 24〜35mm 50mm 85〜100mm 135〜300mm 400mm以上
レンズの種類 超広角 広角 標準 中望遠 望遠 超望遠

画角変化の例

35mm換算焦点距離の数字の部分をクリックすると、35mmフィルム上での、その焦点距離の画角の写真が下に出ます。ぜひ、いろいろな焦点距離をクリックして、画角の変化を楽しんでください 

超広角 広角 標準 中望遠 望遠
35mm換算
焦点距離
17mm 25mm 28mm 35mm 50mm 60mm 70mm 85mm 105mm 135mm 200mm 300mm

広角レンズ 望遠レンズの特徴は、こちらに詳しく書いてありますので、ぜひ見ていってください

35mm換算焦点距離 と 実焦点距離

デジカメのスペックでよく見かける 35mm換算焦点距離と言われる物は、実際の焦点距離ではなく、あくまで 「画角」 を指したものなのです、つまり、35mm換算焦点距離 28mm と言うと、35mmフィルムで言ったら、28mmレンズを使ったのと同じぐらいの画角になります と言う意味になります。また、ほとんどのデジカメの場合、35mmフィルムと比べ、CCDサイズが小さいため、同じ画角 (同じ35mm換算焦点距離)でも 実焦点距離は短くなります。そのため、35mmフィルムの 300mm と デジカメの35mm換算300mmでは、被写界深度は異なります 

こんな感じです。
#また、例によっていい加減な図ですが・・・

35mmフィルム デジタルカメラ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

カメラの話(デジカメ編 銀塩編)   デジカメ部屋へ戻る