Top デジカメを始める方へ デジカメの使い方 基本的な写真の話 撮影テクニック PCの操作 デジカメ用語集 フィルム 使用感
スポンサードリンク

画像(イメージ)センサー・(CCD・CMOS)の大きさ比較

正直言えば、何番煎じだよという感じのネタですがデジカメで使われている、CCDやCMOSの大きさを比較してみました

デジカメのセンサーは、大きいほど、高画質にしやすいという特徴があります
詳しい理由は

画素数=画質?

素子サイズと画質の関係

あたりを、読んでいただけると助かりますが、軽く説明すると、同世代の素子であれば素子サイズが大きい素子は小さい素子に比べ、同じ画素数(解像力)であれば、低ノイズで高感度の画質がよくしやすく、同じ画素ピッチ(ノイズに影響)であれば、画素数が多く解像力が高くなります

自分でステータスを割り振ることの出来るゲームをやってる人ならば、割り振れる数字が多いキャラクターが大きい素子、割り振れる数字が小さいキャラクターが小さい素子ってイメージでもいいでしょう(素子の大きさは、ちょうどキャラクターのレベルみたいな感じでしょうか)

もちろん、センサーサイズだけですべてが決まるわけではなく、画像処理のうまさ、レンズの品質など様々な要素が関係してきますが、センサーサイズは、ひとつの目安になります。

CCD・CMOSの大きさ

ここでの画像の大きさは、1mmを 10×10ピクセルで表しました、だいたいこのくらいの大きさが 1mm×1mm となります

面積と、APS-Cサイズのセンサーと比較して、何%ぐらいの大きさというのも一緒に並べておきますので参考にしてみてください。

中判デジタルカメラ 面積 APS-C比
43.8×32.8mm

1436.64mm2
385.3%
中判フィルム(56mm×41.5mm)に近い大きさを持つ、非常に大きなセンサー
カメラも大きく、価格も高額となるので、一般的なカメラではありませんが
商業写真など、特に高い解像度が必要な撮影に使うカメラに採用されています。
35mmフルサイズ 面積 APS-C比
36×24mm

864mm2
231.7%
35mmフィルムとほぼ同じ大きさ
一部のハイエンドデジタル一眼レフで採用
APS-Cサイズ 面積 APS-C比
23.6×15.8mm

372.88mm2
100%
多くのデジタル一眼レフで採用されてる大きさ
APSフィルムのCサイズとほぼ同じ大きさのため
APS-Cサイズとよばれています。
APS-Cサイズ(キヤノン) 面積 APS-C比
22.3×14.9mm

332.27mm2
89.1%
キヤノンのAPS-Cデジタル一眼レフで採用されてる大きさです
他社のに比べると、ほんのちょっと小さい
1.5型(Power Shot G1X) 面積 APS-C比
18.7×14mm

261.8mm2
70.2%
現行機(2012年)キヤノンの最上位コンパクトデジカメで採用されている
非常に大きなサイズのセンサー
一般的なセンサーサイズではありませんが、コンパクトデジカメとしては
かなり特徴的な大きさなので、書くことにしました
フォーサーズ(4/3型) 面積 APS-C比
17.3×13mm

224.9mm2
60.3%
オリンパス・パナソニックのデジタル一眼レフで採用されている大きさ
4/3型なので フォー(4)サーズ(3)と言う名称になっています
ミラーレスのマイクロフォーサーズも同じ大きさです
1型(CXフォーマット) 面積 APS-C比
13.2×8.8mm

116.16mm2
31.2%
ニコンのミラーレス機 Nikon1シリーズと
ソニーのハイエンドコンパクトデジカメ DSC-RX100で採用された大きさ
コンパクトデジカメとしては、かなり大きいセンサーなのがわかります。
2/3型 面積 APS-C比
8.8×6.6mm

58.08mm2
15.6%
採用例は、比較的少ないのですが
ハイエンドコンパクトデジカメでたまに採用される大きさ
1/1.7型 面積 APS-C比
7.5×5.6mm

42mm2
11.3%
コンパクトデジカメでも最近の上位機でよく採用される大きさ
1/1.8型よりほんのちょっとだけ大きい
1/1.8型 面積 APS-C比
7.1×5.4mm

38.34mm2
10.3%
コンパクトデジカメでも、上位モデルやハイエンドモデルで
よく採用されている大きさ
(このサイトでよくデジタル一眼レフのセンサーは10倍ぐらい大きい
と言っているのは、このサイズを念頭に置いています)
1/2.3型 面積 APS-C比
6.2×4.7mm

29.14mm2
7.8%
コンパクトデジカメで主流となっている大きさ
ちなみに、ペンタックスのミラーレス Pentax Qはこのサイズを採用してます
*2015年6月修正:5.9×4.4から6.2×4.7へ修正しました。
1/2.7型 面積 APS-C比
5.3×4mm

21.2mm2
5.7%
一昔前までは、このサイズがコンパクトデジカメの主流でした
高画素化に伴って、気持ちセンサーサイズが大型になったのがわかります
1/3型 面積 APS-C比
4.8×3.6mm

17.28mm2
4.6%
iPhone 5sで採用されたセンサーサイズ
iPhone5や4sに比べ、わずかに大型化しているようです。
1/3.2型 面積 APS-C比
4.4×3.3mm

14.5mm2
3.9%
iPhone4S で採用されているサイズ
(他のスマートフォンのサイズはちょっとわかりませんでしたが・・)
非常に小型のセンサーを積んでいることがわかります

ここに上げたサイズがすべてではありませんが、主流になっている(なっていた)サイズを書き出してみました。

センサーサイズって差って実際どのくらいの差があるのかとか気になったら、参考にしてみてください

2016/03/12追加:イメージセンサーの周辺部分は利用されない画素が存在するため、この面積はセンサー全体か有効な受光面のみかということについては、センサー全体ではなく有効な受光面の面積となります。

スマホやコンパクトデジカメのセンサーサイズを調べる

自分のスマホやコンパクトデジカメのセンサーサイズが気になった、という方は、センサーサイズ計算機を作ってみたので、ぜひ使ってみてください!

画質の違いを見比べてみる

とはいえ、実際どのくらいの画質の差があるのかというのも気になるのではないかと考え、少々世代差は大きいですが、D700(2008年製フルサイズ)・D60(2008年製APS-C)・J3(2013年製1型)・iPhone6(2014年製1/3型)の4機種でブラインドテスト的なページを作りました。

型(インチ)とセンサーサイズが食い違ってる理由

*豆知識です
センサーサイズのなに型の型は、ちょっと前まではインチと言われていて、1型センサーは、ちょっと前でしたら1インチと言われてました。どこが1インチ??と疑問に思われた方もおられると思います

たとえば1型センサーの大きさは、13.2mm×8.8mmで、対角線の長さを計算しても約15.8mmにしかならず、1インチ(25.4mm)には全く届いていないのです、なぜ、こんな食い違いがあるのかというと

昔は、放送局などで使われているカメラなどでは、CMOSやCCDセンサーではなく撮像管と呼ばれるものを利用して大きさの表記として、撮像管の太さ(何インチ)で表記していたため、その後CCDに取って代わっても、センサーサイズの表記として、もし同じ受光面積を持つ撮像管を作ったら1インチの太さになりますという意味で、1型センサーと表記されています

そのため、1型の場合、実際には1インチより小さいものになります
*何型で表記しているものは、どれも当てはまります 4/3型でも1/1.8型でも同様、1型を取り上げたのは、単純にわかりやすいからです

イメージ図

スポンサードリンク

おすすめ記事

カメラの話(デジカメ編 銀塩編 PC編)   デジカメ部屋へ戻る